カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【備忘録】Ubuntu9.10でGrub2の設定

以前からインストールして使ってはいたのだけど、

ウイルスチェック用にしか使っていなかったので

普段から使えるようにしてみた。

その手順を何回かの記事に分けて記録しておく。

他の記録は記事は以下から

 ◆Ubuntu9.10のインストール

→◆Grub2の設定

 ◆ウイルス対策ソフトのインストール

 ◆内臓HDDを自動マウント

 ◆WindowsのThunderbirdとプロファイルやメールデータを共有

 

 

◆Grub2の設定
Grub2になってずいぶん変わったらしい。設定には多少知識がいるが、私はこっちの方が良くなったとも思う。

 

 「(Ubuntu 9.10) Grub2の設定」さんを参考に設定した。
①memtest+86のエントリを消去
 端末から以下のコマンドを実効。

sudo chmod -x /etc/grub.d/20_memtest86+


②リカバリパーティションのエントリを削除
 /boot/grub/grub.cfgを開き、削除したいエントリの名称をさがす。

gedit /boot/grub/grub.cfg


 私の環境ではコレ→"Windows Vista (loader) (on /dev/sda1)"
 /etc/grub.d/30_os-proberを管理者権限で開く。

sudo gedit /etc/grub.d/30_os-prober


 以下の「### Added to~」以降のスクリプトを追加

~略~
for OS in ${OSPROBED} ; do
  DEVICE="`echo ${OS} | cut -d ':' -f 1`"
  LONGNAME="`echo ${OS} | cut -d ':' -f 2 | tr '^' ' '`"
  LABEL="`echo ${OS} | cut -d ':' -f 3 | tr '^' ' '`"
  BOOT="`echo ${OS} | cut -d ':' -f 4`"

  if [ -z "${LONGNAME}" ] ; then
    LONGNAME="${LABEL}"
  fi

### Added to remove Windows Recovery
#menuentry "Windows Vista (loader) (on /dev/sda1)"
if [ "$LONGNAME" = "Windows Vista (loader)" ] && [ "${DEVICE}" = "/dev/sda1" ] ; then
continue
fi
### End Added
~略~

 保存して閉じる。

③Grubのタイムアウトとデフォルト起動のOSを変更
 /etc/default/grubを管理者権限で開く。

sudo gedit /etc/default/grub


 以下のように編集する。

# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.

#GRUB_DEFAULT=0
GRUB_DEFAULT="Windows 7 (loader) (on /dev/sda2)"
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_TIMEOUT="5"
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

# Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
#GRUB_TERMINAL=console
~略~

 保存して閉じる。

④Grubの背景と文字色を設定。
 Grubの画面が味気ないので、背景を設定する。
 GIMPなどを利用して640x480ピクセルのpngかtgaの画像ファイルを用意する。
 ファイル名は何でも良いが、ここでは例に従って"my-images.tga"とした。
 画像ファイルを/boot/grubに配置する。
 ※/boot/grub,/usr/share/images/desktop-base,/usr/share/images/grubのいずれでも良い

sudo cp ./my-images.tga /boot/grub/my-images.tga


 /etc/grub.d/05_debian_themeを管理者権限で開く。

sudo gedit /etc/grub.d/05_debian_theme


 以下のように編集する。

~略~
# check for usable backgrounds
use_bg=false
if [ "$GRUB_TERMINAL_OUTPUT" = "gfxterm" ] ; then
#  for i in {/boot/grub,/usr/share/images/desktop-base}/moreblue-orbit-grub.{png,tga} ; do
  for i in {/boot/grub,/usr/share/images/desktop-base,/usr/share/images/grub}/my-images.{png,tga} ; do
    if is_path_readable_by_grub $i ; then
      bg=$i
      case ${bg} in
        *.png)        reader=png ;;
        *.tga)        reader=tga ;;
        *.jpg|*.jpeg)    reader=jpeg ;;
      esac
      if test -e /boot/grub/${reader}.mod ; then
        echo "Found Debian background: `basename ${bg}`" >&2
        use_bg=true
        break
      fi
    fi
  done
fi

# set the background if possible
if ${use_bg} ; then
  prepare_grub_to_access_device `${grub_probe} --target=device ${bg}`
  cat << EOF
insmod ${reader}
if background_image `make_system_path_relative_to_its_root ${bg}` ; then
#  set color_normal=black/black
#  set color_highlight=magenta/black
  set color_normal=white/black
  set color_highlight=black/white
else
EOF
fi
~略~

 保存して閉じる。

⑤更新を反映する
 以下のコマンドを実効

sudo update-grub2


⑥再起動して設定が反映されていることを確認する。

 

→Next:ウイルス対策ソフトのインストール

スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。